ハレハレ日記

サンキャッチャーとアジアのビーズ・ハレハレ商店 みなみのブログです ときどき滋賀や京都で出店しています

作品のこと 日々のあんなことやこんなこと 旅してた話
気ままに載せていけたらなと思います
たまにインコも登場します

インコの新居


飼い主はついに、インコのカゴを新調することを決意した。




いたって普通な鳥カゴである。


強いて言うなら大きい。オカメインコ用のようだ。


出入り口のスロープや、以前からインコの寝床となっている麻ひもを多用した輪っか、昨冬引き籠もりの原因となったバードテント、保温電球、アワ穂、イカ、といたれり尽くされ。




屋上庭園だってある。



去年のクリスマスプレゼントとして、飼い主が購入したのだが、肝心のインコはあまり寄りたがらない。


飼い主は興味を持たせようと、アワを置いたり、フレッシュハコベで引きつけたり、飼い主自身が遊んでみたりする。


いかにも楽しそうに、飼い主の右手は階段を登り、屋根をかじり、穴に吸い込まれていく。

インコに遊んでもらいたい一心で。


しかし、



上から眺めるだけのインコ。



今年もまたクリスマスがやってくる。





座椅子でくつろぐインコ。







10月のとある週末


秋も深まりましたね。

最近はワタワタしてて、ブログ書く余裕がありませんでした。



のんびり屋なので、バタバタはできません。ワタワタな感じです。





10月最終の週末、再び台風襲来か!?と騒がれながら、オットのライブの為、香川県まで行ってきました。

もちろんうどんも頂きました。

写真はありませんが安くて美味しくて、しかも製麺所だらけです!

うちの近所にも一軒分けてほしいですね。



で、肝心のライブは本当に素敵でした。

LilyNaoto & 岩下洋平

ここは  森のWOOF


山の中の広い、開けた所に現れる、可愛らしいログハウスで薪ストーブを焚いて。

外は大雨、中はほっこり、生音で響く、そんな日曜の昼下がり。

オーナーの方、とってもチャーミングで暖かくて、
ここでは普段はワークショップなどを行っているそうな。

・・・私も参加したい。





もういっこ、
欲しい物だらけの雑貨屋家具屋、カガラカンさん


台風せまる夜の、ムーディーなライブ。

お二人は主に、インドの砂漠地帯、ラジャスタン地方の音楽をされています。

甲高くもメロディアスなリリーの歌や、インドの繊細極まりない打楽器、タブラを叩くナオトさんは、蛇も驚くような笛も吹かれます。

とにかく多才で多彩で、神秘的です。


バホットスンダルアッチャーヘ

おっと、失礼!急にエセヒンディー語がでてしまいました。



そういえば、どちらの会場でもサンキャッチャー展示、販売致しました。

そして本人の期待以上に売れていってくれて、ありがたい限りです。

普通、その展示風景なり写真に収めますが、今回は一枚もありません。


記録、より記憶。




以上





残念な庭 秋編


秋の長雨が続く

長いわ、長すぎる。

え?この先一週間、ほぼ毎日雨ですか?そうですか。


残念だったバラも花咲きました。


雨に濡れていい女感出てますが、オールドフォークスという、ギター弾きの渋いアメリカ人が頭に浮かんでくるような名を持っています。

葉っぱが若干、病気がかってますね。

無農薬だからしょうがない。


next 倒れたシュウメイギク。


雨により完全倒壊間近!

そういえばそうだった。

毎年咲いても倒れてた、雨によって。


はい、次。


フジバカマは秋の七草。

ただしこちらは園芸品種。

雑草に間違われ、何度も刈られそうになりながら耐え抜いた、奇跡の一品。(ちゃんと花壇にしてないから分かりづらいらしい)

ある意味、我が家の絶滅(にされそう)危惧種。


次は菜園。


ルッコラから空気読めずにシャシャリ出た、巨大オバケクローバー🍀

面白いけど、このまま調子乗られても困るので抜きました。ご免。場所わきまえて。


次、ツワブキ。


壁沿いの、なんの趣きもない場所に植えられたツワブキ。

庭園側に植えればよかったのに、、、しっとり咲く風情がまるで皆無なツワブキ。

ゴメン、ツワブキ。ここに植えたのは、わ・た・し。


次、サンキャッチャー。


「民族ポップ」



ギャラリー
  • インコの新居
  • インコの新居
  • インコの新居
  • インコの新居
  • 10月のとある週末
  • 10月のとある週末
  • 残念な庭 秋編
  • 残念な庭 秋編
  • 残念な庭 秋編