ハレハレ日記

サンキャッチャーとアジアのビーズ・ハレハレ商店 みなみのブログです ときどき滋賀や京都で出店しています

作品のこと 日々のあんなことやこんなこと 旅してた話
気ままに載せていけたらなと思います
たまにインコも登場します

プロジェクションマッピングはお好きですか


前回の続きで小田原城。


IMG_0527

友達は入ったことがあるようで、その表情から

うん、微妙!

というのは伝わってきた。


でもここまで来たら、あの上から景色見ないと。

ということで
IMG_0529
天守閣のベランダから。

ベランダでいいのかな?
もっとマトモな表現はないものか。


多分ここまで登らないと、城内から外は見えません。
窓が無かったと思う。

城内は耐震工事のされた、新しく綺麗で眩しいくらいピカピカな、
美術館、兼博物館、兼作品展でした。


そしてちょうどお外に出ると、
音楽が聴こえ、プロジェクションマッピングが始まり。

何組もの若いカップルが、マッピングされる城を見上げているー。

うちらは誰も興味がなく、いそいそと城を後にした。


最近、プロジェクションマッピングが流行っているらしいので、あえてアンチなことを書いていいですか?

  • 色が安っぽくてラブホみたい
  • 城の重厚感ゼロ
  • 城という雰囲気無視のため統一感もない
すいません、嫌いみたいです。
中途半端なプロジェクションマッピング。

城や寺や神社、庭は、そのものが美しいから、余計な演出はして欲しくないんですよ。

ぼんぼりとか、流行らないかなー。


小田原城址公園となっている城周りは最高でした!


年末年始は食い倒れ


あけましておめでとうございます


1999年大晦日
ティーンエイジャーの私は、未知なる年代の幕開けを、
横浜みなとみらいで迎えていた。

あれから18年。。。

現在、西暦2018年。


小渕さんの掲げた平成で言うと、

、、、何年だっけ??


20世紀末で解散すると言っていた
聖飢魔IIも、まだ活動しているみたいです。


ということで、
今年もよろしくお願い致します。




ちなみに、30日に来たお友達に
インドの家庭風カレーを作り、

31日に来たお友達には
インドの家庭風ビルヤニを作りました。

自分が食べたかったことが一番の理由です。
インスタ映えしないので、写真はありません。


元旦は義実家でカニ鍋をして

2日は自宅でカニ鍋をしました。

手が汚れるので写真はありません。


3日は神奈川の実家へ戻り、
家族総出で地中海料理へ。

とても美味しすぎて、写真を撮る余裕はありません。



4日、


この先は、



相模湾。海!

友達夫婦と、かまぼこと日本酒と、


小田原城へ。

感想を書くと長くなるのでまた今度。




サンキャッチャー屋「ハレハレ商店」へのきっかけ


私のビーズ箱♡since1990

IMG_1573


確かこのビーズは母か祖母の物で、ビーズ遊びが好きだった小学生の私が貰い受けた。

しかし使いづらかったのか、フタを開けてニンマリ眺めているだけで満足。今に至る。



年頃になり、ティファニーやブルガリなんてブランドを覚えたが、何か特別な物を感じづスルーする。


日々の暮らしにも特別な物を感じづ、友人のバックパッカー体験に興奮し、飛び込んだらどっぷりハマる。



さぁ、ここからです!

ティファニーに魅力を感じない私が惹きつけられる物が、異国には満載でした。


いびつなウッドビーズをジャラジャラと身につける、深いシワのおばあちゃん。

匂いの入り混じった、所狭しと並ぶ迷路のマーケットに埋もれる、年季の入ったシルバーネックレス。

旧市街の小さな店の奥に眠る、ホコリのかぶったガラスビーズ。


そんなものを見つけることが密かな楽しみになって、少しずつ集めるようになりました。


虹の光を発生させるサンキャッチャーを知ったのも、旅先の友達から。

インドではちょっとした聖なるものとして売られていた。


革紐のようにも見える、扱いやすい蝋引きの紐も旅先で使い始めた。


最初はアクセサリーを作ることが多かったけど、身に付けなくても飾って、眺めておけるサンキャッチャーにするほうがビーズを活かせると思った。



屋号は「ハレハレ商店」



image


ギャラリー
  • プロジェクションマッピングはお好きですか
  • プロジェクションマッピングはお好きですか
  • 年末年始は食い倒れ
  • 年末年始は食い倒れ
  • 年末年始は食い倒れ
  • 年末年始は食い倒れ
  • サンキャッチャー屋「ハレハレ商店」へのきっかけ
  • サンキャッチャー屋「ハレハレ商店」へのきっかけ
  • イブは出店@上賀茂神社