ハレハレ日記

サンキャッチャーとアジアのビーズ・ハレハレ商店 みなみのブログです ときどき滋賀や京都で出店しています

作品のこと 日々のあんなことやこんなこと 旅してた話
気ままに載せていけたらなと思います
たまにインコも登場します

ワイルドなベルガモット


気付けば7月ももう終わる。

どうりで暑いはずですわ。

玄関前のメランポジュームも元気真っ盛り!


IMG_1482


と言いつつ随分前の写真です、コレ。

今はもっと大きくなりつつも、水枯れの経験もしたりして若干、醜いお姿。


夏の鉢植えのポイントは、水やり ですね!

肥料とか花殻とか切り戻しとか、そんなんよりも水やり。

す〜ぐ枯れちゃいますからね。



こちらはワイルドな、ワイルドベルガモット。

IMG_1483


もちろん地植えでワイルドに育てているので、葉っぱはもれなくうどんこ病。

そんなん関係なく、すくすく育って元気に咲く、便利な宿根草。

ワイルドだろー⁉︎(死語?)



暑いからなのか、インコも羽の生え替わり時期のようで、

IMG_1516


羽が結構抜けてスッキリとしたお顔立ち❤️



リクエストに応えて作ったサンキャッチャー

リクエストとは、カラフルなフルーツの様な💛


カラフルなフルーツかぁ〜

カラフルな、フルーツ、、、といえば、、、


アイスの実♩

IMG_1525


映画「クレイマー、クレイマー」


ふと、何の気なしで観た映画に、引き込まれる。

これ、幸せ感じません??


その時はね、ちょっと焦るんですよー。



・画面の前にて・

アレやらな、コレせな、あーーでも映画気になる (なんか面白いかも)

よし、このシーン終わったら動こ、、、

、、、、2時間経過

終了!!



そんな映画「クレイマー、クレイマー」

IMG_1515


言わずもがな、名作です。

恥ずかしながら初めて観ました。


バリバリ働いてよく喋る、夫(ダスティン・ホフマン)はある日突然、妻(メリル・ストリープ)に出て行かれてしまう。

それも5歳の男の子を置いて・・・。

今まで育児、家事一切したことのない夫は、翌朝からてんやわんや。

ベチャベチャのフレンチトーストをつくりながらも、次第に父子の絆が生まれてくる。

が、2年近く経った頃、妻が親権を求めて裁判を起こす、という

まぁ、離婚裁判の話。


ですが名作と名高いのは、父子の関係性の描き方が繊細で、子役の演技は素晴らしすぎるからではなかろうか、ねぇ。


でもね、妻の背景も深いんじゃなかろうか。

ワンオペ育児で夫は話も聞いてくれない。なんか私も働きたいわ!

子どもはかわいいけれど、、。


この映画1979年の作品です。

アメリカ都会の時代背景も楽しめます。

が、内容は今でも十分通じます。


ダスティン・ホフマンがね、かっこいい。(役の感じはちょっとアレやけど)


ふぅ、いっちょまえなことを書いてしまった。

当然 星 ★★★★★ 5つ!




はい、サンキャッチャーです。

IMG_1513


「惑星」







タイ料理と食のお話


今日の晩御飯は??


じゃ、じゃ〜ん‼️


IMG_1484


タイ料理・カオマンガイ と、トムヤムクン にごじゃります!



鳥モモ肉をホロホロに炊いて、タイ米とキュウリ、砕いたナッツの入った甘辛いタレをかけて、カオマンガイ。


エビ、ホタテをレモングラスやコブミカンの葉など、

独特のハーブ、スパイス、ココナッツミルクで煮込んだ世界三大スープのひとつ、トムヤムクン。


盛り付けがオシャレでないのは、、、

野菜がキュウリしかないのは、、、

オットが作ったからです。


・・・・・。


うん。美味しい。デリシャス。

アローイ(これタイ語)



こちらは本場のカオマンガイ

IMG_1122


ゆで汁ベースのスープも必ず付く。


ローカルの食堂は盛り付けキレイ!

とか、器、素敵!

とか、絶対にないなぁ。


だけどそれもまた良い。そして美味しい!アローイ!!


くどいようだけど、青いプラスチックの器(容器?)とか、よう使ってはるわ。

青って食欲無くすらしいけどね。

実際そう思うし。


そう言うと日本人の繊細さは〜〜と自国民惚れの思考に走りがちだけど、

「食」に関しては、その国その国の繊細さが絶対ある!と思うわ。


タイのハーブ・スパイス使いも微妙なところついてるし、

もちろんお店、家庭によってこだわりがあって。



でも味の素全開の屋台も多くて、自動的に味の素味。

味の素って日本やん?余計な調味料持ち込んでゴメンってなる。


そうなると画一的な調味料を作って、世界に広めまくってる、日本。は繊細?って頭によぎる。


やっぱり、いろいろな味があったほうがいいなー。

それが日本人的感覚の、「繊細」にあてはまらなくても。


日本なら「美味しい」

タイなら「アローイ」

インドなら「アッチャー」

おフランスなら「セボン」

アメリカなら「デリシャス」(アメリカにもこだわりケチャップとかあるであろう…)


美味しさは幸せよ❤️



IMG_1467


大きなサンキャッチャーは大きなガラスビーズで。

ギャラリー
  • 冬休みに平和を祈って
  • インコの新居
  • インコの新居
  • インコの新居
  • インコの新居
  • 10月のとある週末
  • 10月のとある週末
  • 残念な庭 秋編
  • 残念な庭 秋編