それは土曜日のこと。

太陽光線の勢いまるごとの残暑と、

初秋を感じさせる少し爽やかな風を感じながら、

やってきた私、人生初の大阪城!


image

(御写真撮影おきよ殿)


ちなみにこの日は、外堀と内堀の間、広〜〜い芝生のある「西の丸庭園」にて、ヨガのイベント。


しかも6時半からの、一番気持ち良いであろう夕暮れ時の庭園を貸し切って、

インドの音楽を聴きながら、広い広い空の下の大阪城を拝み、ヨガをするのであーる。


なんという贅沢じゃ

わしも寄してほしーわー


とか言いながら秀吉が出て来そうや。



あ、私はヨガをする方ではなくて、

インド音楽を聴きながらの音楽の方です。


オットがシタール(インド楽器)奏者なので、そのついで楽器?みたいのをしに、付いて来ました。

なのでイベント始まったらカメラ(じゃなくてフツーのアイホンだけど)は持てません。


image

セッティング中 (アイホンにて)


時間になって始まったらねー、

私の向く先、西の空が

それはもう素晴らしい夕焼けで。


風も心地よくて赤く染まる空だし、楽器の音も気持ち良くて。


image

(撮影おきよ殿)

この後は私の真正面、三日月が輝き出しました。



初の大阪城はとても歓迎されてた気がする。(入城してないけど)

みんな大好きなのも頷ける。

「真田丸」の秀吉が私の中の秀吉だったり、

「プリンセストヨトミ」のように、大阪の男達に語り継がれてるのであろう。


↑「プリンセス〜」は面白いですよ、本は。 映画ver.はまだ観てない。


次は、城に入りたい。

image

(撮影おきよ殿)



そうだ、サンキャッチャー。

イメージは「元気な木」

image